NO MASS PROD.

NO MASS PROD.


デザイナーは東京を中心に活動するWATARU

建築士だった父親の影響から幼少期より物作りが身近にあったデザイナーは、陳列された大量生産品の既製服に魅力を見出せない中、完成品を破壊、再構築することに自身の美学を見出した。

唯一無二の洋服を作りたいという強い思いと情熱から、フルタイムで働く傍らおよそ4年の歳月をかけて独学で服作りを学び、2019年に自身のブランド: NO MASS PROD.をスタート。

AerosmithBon Joviなど、デザイナーの身近にあった70s80sのハードロックから強く影響を受けたコレクションは、攻撃的な再構築からミニマルなアイテムまで幅広く展開。

デザイナーの直感で制作されるアートピースともいえるアイテムは、色味、年代、ダメージ等、それぞれが異なった表情を持ち、その瞬間でしか手にするのことのできない唯一無二のプレミアから高感度なアーティストを中心に絶大な支持を集めている。